家族葬 - 葬儀ToDo

家族葬の需要が高い理由とその特徴

高齢化社会が進む中で、葬儀のスタイルも変化しています。特に増えているのが、身内や親近者だけで行う家族葬です。故人の希望で行われることもありますが、近年では高齢者福祉施設などで亡くなる方も増え、故人を知る人の弔問が少ないことも理由の一つに挙げられます。

通常の葬儀の場合は、通夜や告別式など一連の流れに沿って行われますが、家族葬の場合は形式に囚われずに柔軟に行われることが多いです。また、香典や引出物なども省くこともあり、本当に身内だけで故人を偲ぶ儀式となっています。

葬祭会館も家族葬のプランを用意するところが増え、費用も20万円程でできるものもあります。また、最近では本人の希望により生前から準備する方も少なくありません。終活の一つとして捉えられ、身辺の整理をすると共に葬儀の形もシンプルさを求めるようになっており、今後も増え続けていくでしょう。

● 参考
家族葬とは/知識や流れ、注意点と費用の相場【葬儀のミカタ】
shukatsu-mikata.jp/sougi/type/family
> 詳細はコチラ!

予算を組んだり内容を把握したりしておこう

葬儀の手配は、通常、遺族が行います。故人が生前に家族葬を希望していた場合には、その要望どおりに手配することが大事です。最近はあまり盛大に葬儀を行わない人が増えてきています。盛大に行うと費用がかかるからです。

また、参列者も多くなってしまうため、周囲にも迷惑をかけてしまうことがあります。ひっそりと親族だけで簡単に済ませたいという場合には、家族葬がお勧めです。まず、いろいろな葬儀会社を比較していきます。この時に重要なのは予算と内容です。

業者によって費用と内容に違いが見られるからです。オプションでいろいろとついていることもあるので、じっくりと比較することをお勧めします。また、家族葬の相場を知っておくと安心です。一般的には40万円前後かかると言われていることから、これを目安として予算を組むといいかもしれません。

Menu


地域別注目葬儀場情報


サポート


葬儀ToDoオフィシャルWEBSITE Copyright(C)www.sogitodo.org All Rights Reserved.